フルーチェの美味しさは控えめに

隣にいても聞いてない

株の取引には取引手数料を払う必要がありま

   

株の取引には取引手数料を払う必要があります。この取引手数料に関して言えば、証券会社によって金額に差があるのですが、オンライン型に比べて店舗型は割高だと言えます。しかし、店舗型の場合担当者の意見をいけるといった利点もあります。店舗型の場合、運転免許証、保険証というような身分証明書のほか、振込先の金融口座番号を持っていって申し込むことで、申し込んだその日に新規に口座を開設でき、取引も始めることが可能です。株は手元及び銀行に預金しているだけでは、買うという行為は不可能なのです。まず証券会社の口座を新規で開設する必要があります。
証券会社においてはオンライン型と店舗型に分かれます。
それとは別に、オンライン証券の場合でも、必須項目をネット上で記入し身分証明書のアップロードを行えば申し込んだその日に口座を開設、次の日には取引をスタートすることができます。
口座の開設が完了しその口座に預金することによって、株の取引を開始できます。これにより、初心者の場合店舗型にすればスムーズに進められると思われますが、なるべく安い方がいい、独学でできるという人の場合にはオンライン型のほうがよいと思われます。

 - Uncategorized